JPTECインストラクター養成コース
担当者 seminarcc11  登録日時 2017/7/22 11:04 (317 ヒット)

岩見沢市においてJPTECインストラクター養成コースを行います。
携帯電話申込み受付不可

スタッフ応募の方はこちらの記事から

入力時の注意!!
フォームに入力後、
1 最下段の(確認ページへ)ボタンをクリックすると、入力内容の確認画面になります。
2 入力内容の確認後、さらに(予約を申し込む)をクリック
3 次の画面で『予約確認メールを送信しました。確認メールが届かない場合、担当者まで御連絡ください。』のメッセージが申込み内容とともに表示されれば申込み完了です。途中で作業を止められると申込みされていないことがありますのでご注意ください。


インストラクター・ポテンシャル制度の廃止についてのFAQについてはこちら

開始時間 00時00分
定員数 10人

(1) コース名称:第64回 JPTEC北海道インストラクターコース(第3回岩見沢)
(2) コース日時:平成29年9月24日(日) 9:30~17:30(予定)
(3) コース開催場所:岩見沢市栗沢市民センター(岩見沢市栗沢町北本町168−3)
            地図はこちら
(4) 受講募集人数:10名
(5) スタッフ募集人数:10名
(6) 受講料:10,000円(認定手数料含む)
(7) コース運営スタッフ
   コース運営責任者(CC):清水 悟(岩見沢地区消防事務組合)
   コース担当責任医師(CMD):本間 康之(岩見沢市立総合病院)
   コース担当世話人:本間 康之(岩見沢市立総合病院)
            高橋 亮介(岩見沢地区消防事務組合)
            工藤 朝生(南空知消防組合)
            黒田 修晶(三笠市消防本部)
            清水 悟(岩見沢地区消防事務組合)
(8) 募集締切日時:平成29年8月24日23時59分
(9) 受講者・スタッフ採用決定:8月下旬
(10) その他
・申し込みされた方には、後日担当者からメールにてご連絡致します。
・多数の申し込みがあった場合は、早期終了する場合があります。
・受講決定は先着順ではありませんが、応募多数の場合には地域性や職種を考慮して決定します。
・本コースでは、改訂第2版JPTECガイドブックを使用します。受講にあたり各自でご用意ください。
・受講決定の連絡は連絡用メーリングリストへの直接参加にてお知らせします。(決定は8月下旬頃)
・コース中に記録用(資料等)として、写真を撮影する場合がありますので予めご了承願います。
・申込みから2・3日が経過してもメールでご連絡がない場合は、お手数ですが"運営担当者"まで、お問い合わせ願います。
・コースに関するお問い合わせも"運営担当者"までお願いします。
【重要!】
・受講決定の連絡を受け、7日間以上が経過してからの受講キャンセルは、キャンセル料として認定料を差し引いた受講料を頂戴する場合がありますのでご了承くださいますようお願いします。

---JPTEC協議会定款施行規則より抜粋---
(JPTECインストラクターコース)
第7条JPTECインストラクターコースの受講資格は、次に掲げる者で第10条第1項に定めるJPTECプロバイダーの認定を受けている者で、所定の基準を満たした者が有する。
(1)救急救命士及び救急隊員(救急科、救急標準課程又は救急Ⅱ課程を修了した者に限る。)で次のいずれかに該当するもの
イ 5年以上の救急現場経験のある者
ロ 救急救命士養成機関、都道府県消防学校又は消防本部消防学校の専任教官
ハ 地域のメディカルコントロール協議会が推薦する者
ニ 所属消防本部の消防長が推薦する者
ホ 2人以上の指定地域組織の役員が推薦する者
(2)医師で次のいずれかに該当するもの
イ 一般社団法人日本救急医学会専門医指定施設、救命救急センター又は大学病院の救急部門で3年以上専従した者
ロ 救急救命士養成機関の専任教官
ハ メディカルコントロールにおける指示医師又は検証医師
ニ 地域のメディカルコントロール協議会が推薦する者
ホ 地域の救急救命士会が推薦する者
へ 2人以上の指定地域組織の役員が推薦する者
(3)看護師及び准看護師で次のいずれかに該当するもの
イ 救急看護認定看護師
ロ 重症集中ケア認定看護師
ハ 一般社団法人日本救急医学会専門医指定施設又は救命救急センターの救急部門に3年以上所属する者
ニ ドクターカー又はドクターヘリ業務に3年以上従事している者
ホ 救急救命士養成機関の専任教官
ヘ 2人以上の指定地域組織の役員が推薦する者
---JPTEC協議会定款施行規則より抜粋---